ついの住処

50代から準備必要!ついの住処の見つけ方

MENU
「ついの住処」とは、人生の最期を迎える時まで生活する住まいのことをさします。 若い時はどこでもよかった自宅ですが、高齢者になると暮らしやすい住まいというのは限られてきます。 ・生活しやすいところ ・医療に関わりやすいところ ・コミュニティに属すことができるところ 「ついの住処」なんて、まだまだ関係ない!とお思いの方も多いと思いますが、実は50代から「ついの住処」についての調査や計画は必要です。 なぜなら、中には現状を調べておかなかったために「ついの住処」に移りたくても移れない方がたくさん出てきているのです。 「今の自宅の資産価値を高く見積もっていて、売ってもほとんど現金化できず、快適な高齢者用マンションに移り住むことができませんでした。もっと早く気が付いていればと後悔しています。」 すぐに「最終的な安住の地」を決める必要はありません。まずは、状況を把握し、自分の資産を査定することからはじめましょう。

不動産の資産価値を知りたい方はこちら

詳細はこちら


不動産コラム:売却に失敗しない・高く売るコツ

不動産売却査定コラム:高く売るコツ

相性が合う不動産のお店をチョイスするためには、3店舗程の不動産屋に巡ってみるのが一番です。不動産のお店を2件程度だと相性が合う不動産業者に出会えない可能性があります。

不動産売却査定コラム:失敗例

かなり高めの査定額を出してくる不動産会社は信頼できません。相場を無視した高い金額であることが原因で、売却が成立しないといった例も多数あります。相場とバランスのとれた査定価格でないと反響が少なく長く売れ残る理由となってしまいます。

不動産売却査定コラム:失敗例

売り出し価格の設定は注意すべき点があります。値段が高すぎますと買手が購入の検討すらしない恐れがありますし、反対に低すぎますと、あなたが見込んでいた価格より低いままで売却されてしまう恐れがあります。

不動産を高く売りたい方はこちら

詳細はこちら