ついの住処

50代から準備必要!ついの住処の見つけ方

MENU
「ついの住処」とは、人生の最期を迎える時まで生活する住まいのことをさします。 若い時はどこでもよかった自宅ですが、高齢者になると暮らしやすい住まいというのは限られてきます。 ・生活しやすいところ ・医療に関わりやすいところ ・コミュニティに属すことができるところ 「ついの住処」なんて、まだまだ関係ない!とお思いの方も多いと思いますが、実は50代から「ついの住処」についての調査や計画は必要です。 なぜなら、中には現状を調べておかなかったために「ついの住処」に移りたくても移れない方がたくさん出てきているのです。 「今の自宅の資産価値を高く見積もっていて、売ってもほとんど現金化できず、快適な高齢者用マンションに移り住むことができませんでした。もっと早く気が付いていればと後悔しています。」 すぐに「最終的な安住の地」を決める必要はありません。まずは、状況を把握し、自分の資産を査定することからはじめましょう。

不動産の資産価値を知りたい方はこちら

詳細はこちら


不動産コラム:売却に失敗しない・高く売るコツ

不動産売却査定コラム:失敗例

売却価格を定めるには注意すべき点があります。高い値段にしすぎると購入者が購入を検討してくれない可能性がありますし、逆に低すぎると、あなたが見越していた価格より低いままで売却されるケースがあります。

不動産売却査定コラム:注意点

希望した宣伝活動や報告を怠っている不動産会社やスタッフだった時には、例えて媒介契約の満期まで時間があっても関係なく解除することも出来るのです。信頼出来ないと思ったなら、早く英断することを推薦します。

不動産売却査定コラム:高く売るコツ

良い不動産会社を見つけられて安心していても、担当の方が自分には合わなかったというようなことも時としてあるでしょう。そういったケースに遭遇した時には、遠慮なく別の担当者に替えてもらったほうが良いでしょう。また、担当とのやり取りはできるだけ口頭ではなく書面にしてのこしておくようにしましょう

不動産を高く売りたい方はこちら

詳細はこちら